<   2016年 04月 ( 8 )   > この月の画像一覧

律動編だよ~^^

それは・・・









突然のことでした!













b0296791_19342113.jpg




復活を阻止し、これまで静かだった蛮神アレキサンダーが

突然また動きだしたのは、3.2が来たから・・・・・だった。(ソリャソウダ










b0296791_15541051.jpg




は?








b0296791_15541591.jpg



そもそもなんで、右腕から侵入出来ている物を

改めて外から左腕に入り直すの?中を通っていけばいいじゃん!

むしろ左腕なんか無視でいいのでは!?

それにわたしは巨大蛮神と戦った覚えがないんですけどね、敵はどうせゴブリンでしょ!?

馬鹿らしい・・・なんでゴブリンと・・・一体何と戦ってるのわたしは!(ゴブリンダヨ



チッ・・・まぁいいわ

どうせこういう仕様なんだろうからやるけども!

ただ、ノーマルは簡単だろうから1~4層まで一気に行くわよ?



いい?見てなさいよ!









1層








b0296791_15542151.jpg



フッ・・・どうせ大した事ないんでしょうねw




むむ!? こ、これは・・・またジェットコースターエスカレーター(JCE)か!

(JCEがわからない人は ここ 参照)










b0296791_1554287.jpg








シュバッ!










b0296791_15543335.jpg




ふぅ・・・・



よし!次!







2層








b0296791_15543933.jpg



むむ!?

この穴から行くわけだね・・・う~ん・・・

まぁいいか・・・えいっ!









b0296791_15545836.jpg





ドシーン!









b0296791_1555395.jpg



遊園地の絶叫マシンに乗りに来たんじゃないっての・・・;;



はぁ、ヤダヤダ・・・

次行こ次!






3層








b0296791_15552082.jpg




むむ!?








b0296791_15552585.jpg



強制排出口だよ?強制排出w

どこに排出されるかわかったもんじゃないのに入る奴おる~?w




ん?皆待ってる?



あ、はい・・・






パカッ





ヒュン!









b0296791_15553126.jpg







ドスーーーン!











b0296791_15554372.jpg



こ・・・こんなのしかないわけ?(´;ω;`)ウッ





ん?

ああ、これくらいならいいかも!








b0296791_1649925.jpg



はー楽しかった~w


じゃ最後行ってみよう~^^






4層







b0296791_15554988.jpg



お?こうしてよくよく題名を見ると

fatherからsonになってるね・・・って事は息子?

左手は息子・・・?左手で息子・・・かな?・・・ん・・・/// (バカw





まぁいいや、さっさと終わらせましょう^^










b0296791_15555517.jpg










b0296791_155611.jpg




と、言う事でミーデさ~ん!


律動編・・・







全部終わらせてきましたよぉ~ ヽ(^∇^*ノ =з=з







ミーデ 「・・・・・・。」










b0296791_1556610.jpg









b0296791_1846487.jpg









ミーデ 「ダ・・・ダメだったか・・・ですって!? ブチッ!










b0296791_19182452.jpg









b0296791_15562413.jpg





こうしてわたしは無事、律動編ノーマルアレキを終えたのでした~!(ナンダコリャw











じゃまたね^^



Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-28 10:30 | Comments(12)

ふむ・・・無いっ!

3.2で実装されたID

怖い「逆さの塔」は書きましたが、もう一つ

アムダHに初めて行った時のお話。








江角に呼ばれたので会いに行くと








b0296791_11305855.jpg



久しぶりなのに愛想もなく、何とも冷たい・・・。



それでも行かないわけにはいかないので

えくるんとCFで中へ・・・









b0296791_1131472.jpg




まぁ特別な事は何もなく、中ボスへ・・・












b0296791_1131968.jpg




しかもこの中ボス、名前がアカモート・・・蛾は英語でモス(Moth)

やっぱりどう考えても蛾です、有難うございました・・・;;

という事で皆に倒して頂いて・・・(コラw





そして次の中ボスは・・・











b0296791_11311469.jpg



石像が動き出すと言う

お約束的なライオンさんを倒し




いよいよラスボスへ












b0296791_11311934.jpg



戦神の彫像らしきものが!




えくるん 「あはっ、まさかまた石像が動き出すとか?w

      中ボスでやったネタをかぶせてくるわけないよね~www」




わたし 「あはははは、そんなのあるわけないないw

      さすがにそこまでネタがないとか、開発さんも馬鹿じゃないんだしwww」













b0296791_11312589.jpg





マジ!? Σ( ̄□ ̄lll)



そ・・・そこまで落ちぶれたか・・・開h・・・




ボス 「ええいっうるさいうるさいっ!行くぞ!」













b0296791_11313053.jpg



何を言ってんのかさっぱりです・・・

リバース?巻き戻ってませんけど?どゆこと!?



と思いながらファイジャファイジャしてたら













b0296791_11313568.jpg



ちんだかと思うと生き返っていたボスが












b0296791_11314034.jpg




根負けしたようです^^

わ~い!勝った~って思ってたら、何故かボスが消えない・・・









b0296791_11314562.jpg



やっつけたのに消えない・・・だと!?

ボスは負けたら消えるのが当たり前だと思ってたけど・・・石像に戻ったの?




というか

そんな事よりも、とても気になる事が!





あの・・・それっておっぱいですよね?筋肉ではないよね?

ってことは女性・・・なんだよね?







ど・・・どれどれ・・・確かめてみましょう
















b0296791_11315165.jpg




しっかり近くで思いっきり

無いことを確認しましたので間違いありません!(チガウモノハアッタケドw





というアムダHに初めて行った時のお話でした~!




じゃまた~^^


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-26 12:10 | Comments(7)

まったくうんざりだ・・・ ―後編―

わたしがミンフィリアを救えなかったせいで

イシュガルドの民からもサンクレッドからも怒りを買ってしまったようで

レストランで意地悪され、起こしてくれたサンクレッドにも嫌味を言われ・・・



辛くて泣きそうになって、口から垂れてるホットカルピスを拭くフリをしながら

あふれ出る涙と鼻水を拭いていると・・・





外で悲鳴のような声がしたので、向かってみるとそこには

エロノアが倒れていました。











b0296791_15161395.jpg



と、そこへ






b0296791_1857335.jpg





エマネラン 「うわ・・・凄い怪我じゃないか!」






b0296791_180368.jpg






カッチーン!∑(#`皿´ノ)ノ









b0296791_1804112.jpg








b0296791_14415918.jpg





サンクレッド 「わ、悪口て・・・子供じゃねーんだからよ・・・」






b0296791_1805192.jpg








b0296791_15133621.jpg








b0296791_181580.jpg




エッ!Σ(っ゚Д゚;)っ

何故殴ったし・・・わたしを止めたくせに・・・自分だけ・・・








b0296791_1811172.jpg




・・・。


えっと・・・やっぱそれって・・・











b0296791_1811732.jpg




そんな事があったかと思うと・・・




次の日には

またアイメリク様に呼ばれ・・・









b0296791_1812140.jpg








b0296791_18245987.jpg




わたし 「は・・・はい・・・;;」


アイメリク 「でだ・・・私に良い考えがある。」







b0296791_182649.jpg




う~ん・・・






b0296791_18849100.jpg



もぅ・・・虐められるのも嫌だし・・・ね;;




ということで








その合同演習の日・・・











b0296791_15362484.jpg









b0296791_15364661.jpg







ザッ・・・ザッ・・・ザッ







b0296791_1894169.jpg





わたし 「・・・・ったくッ・・・・!」








b0296791_1894616.jpg




みんな 「・・・・・・・。」


わたし 「クッ・・・そ、そうです・・・ねくですがナニカ・・・」







みんな 「ドッwww」










b0296791_1895232.jpg




どう考えてもおかしいでしょこれ!

なんでわたしだけこんなダッサい格好なのよ!

アイメリク様もルキアもラウバーンも、ヒルダですら普段の服なのに

なんでわたしだけ着替えさせられてるんですかっ!なんかのイジメかっ!><。









b0296791_1895785.jpg




(´;ω;`)ウッ


好きで着てるわけじゃないのに・・・・

くっ・・・この怒りをどこへ・・・"o(▼皿▼メ;)o"プルプル













b0296791_181026.jpg



怒り大爆発のわたしは、ラウバーンをあっさりやっつけ

合同演習はみごとイシュガルド軍の勝利に終わったのだけど…



あまりに執拗なイジメに、わたしは嬉しくもなんともなく

腹が立って腹が立って、そこに居たサンクレッドにもう帰ると言うと









b0296791_1810963.jpg



場所を変えて話そうと言うので

サンクレッドに付いて行くと







b0296791_18101613.jpg





わたし 「不満・・・そうね不満を言えば日記3日分はあるわよ?」



サンクレッド 「じ、じゃぁ・・・簡素化して手短に頼む。」



わたし 「そうね・・・まずは・・・わたしの扱いよね、なんなのよこの扱いは!
      エオルゼアを救っているヒカセンだよね?この扱いおかしいでしょ!
      他にも、わたしは皆とワイワイ遊ぶためにエンドコンテンツもやってきたわ
      辛くて泣きながらでも皆と遊ぶためだけに頑張ってきた・・・なのに・・・今はどう?
      今のエンドはそれをやるだけで皆とは遊べないくらい難しいものになり
      ギスギスし・・・そしてみんな・・・エンドをやらなくなるか・・・去って行ったわ・・・
      反省しました今度は簡単にしますと言いながら、逆に難しくなってるんじゃないかと
      思うくらいになっているのは、踏破者の数を見れば明らかだよね?
      全てがエンドに向かっているこのシステムで、エンドをやらなければもう
      実際「やる事」なんて無いんだよ?何に楽しみを見出すかなんて話じゃないのよ
      これだけの人が辞めて行った現実、それを見て見ないフリしようっていうの?
      もういい加減に気付くべきだと思うわ・・・吉p」




サンクレッド 「な、長い長い!もういいから・・・わかったから・・・
         でもな、ねく・・・お前はこれからもエオルゼアを守ってくれるんだろう?
         お前の扱いについては、俺も悪い所があったが・・・」








b0296791_18102243.jpg




わたし 「フッ・・・笑わせないで?あなたと一緒に戦った事なんてあったかしら?
      いつもわたし一人で敵に立ち向かい、そして倒してきたよね
      なのに今度のようにミスがあればこの扱い・・・これはもう・・・
      ワンミスも許されない零式のようだわ!ワイプワイプワイプ・・・うっ頭が・・・」




サンクレッド 「だ、大丈夫か?まぁそう言うなよ・・・そういう仕様なんだよ・・・
         これからは俺も頑張るからさ、だから・・・ほれ押してくれ。」











b0296791_18102930.jpg





・・・・・・・・・・。







・・・・・・・・。






・・・・。













b0296791_1722502.jpg








サンクレッド 「そ、そうか・・・これほど言っても・・・」










b0296791_18104463.jpg




ひ・・・ひどい・・・(´;д;`)ブワッ



もうこんなゲーム・・・やめてやるっ!



そう思ってリテイナーが持っている大量の荷物を処分していると

アルフィノからTellが来て、例のあの応接室に来てくれと言うので

正直もうどうでもよかったんだけど、一応行ってみると・・・







ギィィ・・・(戸の開く音








b0296791_1810547.jpg




わたし 「何の用なの?わたしはもう・・・」







b0296791_1811915.jpg




アルフィノ 「ん?それ?」





b0296791_18111723.jpg





アルフィノ 「身体が温まるから飲むといい。あぁ、それでねくを呼んだのはさ」







b0296791_18112537.jpg





アルフィノ 「そして・・・ねくが不満に思っている事だが・・・」










b0296791_18113186.jpg




わたし 「い・・・・嫌・・・」





アルフィノ 「え・・・そ、そんなに嫌なのかい?」







わたし 「嫌よ・・・絶対にイヤッ!













b0296791_18113854.jpg





もう、うんざりなのです…(´;ω;`)

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-23 18:15 | Comments(9)

まったくうんざりだ・・・ ―前編―

前回



わたしのミスで、ミンフィリアとは気付かず

救出どころか星の言葉まで失う事になってしまい

これからエオルゼアはどうなってしまうのか不安でいっぱいになっている所へ

何故かアイメリク様に呼ばれたので、向かってみると・・・















b0296791_19134118.jpg











b0296791_19134823.jpg




Σ( ̄□ ̄lll)


じょ・・・情報が早いですね・・・











b0296791_19135378.jpg






アイメリク 「それでな・・・」








b0296791_19135860.jpg






b0296791_1914318.jpg







アイメリク 「街をウロウロされて面倒事起こされちゃ、こちらも迷惑だ!」









b0296791_1914875.jpg




う・・・

謹慎かぁ・・・

っていうか、一体誰が言いふらしてんのよ!っとにもう勘弁してよね・・・




ん?ここはレストランかな?

そうだ、お腹空いたからご飯食べてから宿屋に行こ~っと











b0296791_1914138.jpg




ふむ、ここでいいか・・・

よ~し何食べよっかな~、メニューはどこだろ?

あ、コレか・・・どれどれ?本日のお勧め・・・

金目鯛の甘辛煮?お~美味しそうだな~!

んじゃコレにしよっかな~!金目鯛の・・・・金m・・・


きん・・・・・



うぅ・・・・・謹慎かぁ・・・;;














b0296791_19504215.jpg





ん?










b0296791_19142519.jpg




気が利くお店だな~^^

確かに寒かったし、嬉しいサービスだわ~










b0296791_19143031.jpg






!?











b0296791_19143557.jpg



な・・・なんか・・・臭いし・・・

うげぇ・・・なんだこれ・・・の、飲んじゃったじゃん;;









b0296791_19144011.jpg




えっ!?


な・・・何を言って・・・あれ?め、目が回る・・・



あ・・・あれぇ~?











b0296791_19144569.jpg




この人・・・何を言ってるの・・・



あぁ・・・だめだ・・・



もう・・・ねむ・・・













b0296791_19145181.jpg




     

     

      





















b0296791_19145676.jpg









・・・誰か・・・




誰かが呼んでる・・・









b0296791_2071257.jpg






起きなきゃ・・・














b0296791_1915666.jpg









b0296791_1915176.jpg




あ・・・

サンクレッド・・・




っていうか、今なんか言ったような・・・?












b0296791_19152459.jpg






・・・・・・・。











b0296791_19152961.jpg





つ・・・つらい・・・(´;д;`)ブワッ

                                 つづく


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-21 20:30 | Comments(8)

裸エプロン的な何か ~エオルゼアの危機~

前回、3.2パッチ初日に

「逆さの塔」のボスに勝った瞬間に落とされ

入ろうとしてもサーバーメンテナンスになってしまうという

トラウマになりそうな不運に見舞われましたが・・・







次の日

どこまで巻き戻ってるのか、逆さの塔は無かった事になってるのか

不安に思いながら、恐る恐るINしてみると・・・

















b0296791_15451638.jpg



ここは確か、逆さの塔のボスの間!?

そ、そっか・・・勝ったのは勝ったんだ?

まさかINしたら続きから始まるとは思わなかったけど・・・














b0296791_15452350.jpg



急に胸のあたりが輝きだしたかと思うと

わたしの意識は遠のき・・・気が付くとそこは















b0296791_15452890.jpg



いえ、ハイデリンってどこにあるのか知らないし

別に来たくて来たわけじゃないんだけどね?

っていうか・・・今の声は?ハイデリンじゃないよね?














b0296791_15453399.jpg



って・・・


素足だと!?



このエオルゼアに素足などと言う物は無いはずなのに!

あなたは一体・・・何者なの!?












b0296791_15453833.jpg









わたし 「・・・・・・・・・・・。」
















b0296791_15454420.jpg














b0296791_15455062.jpg













b0296791_15455698.jpg




わたし 「ううん、もういいんです・・・」



代弁者 「え・・・な、なにがいいの・・・」









b0296791_1546125.jpg












b0296791_1546665.jpg












b0296791_15462294.jpg





わたし 「もう・・・早く忘れたいんです・・・嫌な過去は・・・うっ・・・」







代弁者 「忘れようとするんじゃないっ!」






わたし 「と言うかもう、ほとんど忘れてしまいました・・・何年も前の事のようです

       実はなぜここに居るのかも・・・ストーリーを思い出せない・・・。」





代弁者 「ちょ・・・ね、ねく?^^;」












b0296791_15462790.jpg






わたし 「そんな事よりも・・・どこのどなたかわからない代弁者さん

     あなたの着ているその服は、どこで売っているのですか?」





代弁者 「そ・・・そんな事って・・・服の方が大事だっていうの!?」




わたし 「なんなんですか、その裸エプロン的な服は・・・狙ってるんですか?」




代弁者 「ね、狙ってないわよっ!っていうか・・・あのね、ねく」





わたし 「わたしにもその服・・・」









b0296791_15463382.jpg





代弁者 「い・・・いやいやいや・・・待って?話を聞いて!」





わたし 「どこに売ってるのかも言わないなら・・・今着ているそれを奪うのみ・・・」





代弁者 「ちょ、こっち来ないで・・・ねく!や、やめなさい!やっ・・・!」












b0296791_15463840.jpg




わたし 「待てーーーっ!」



代弁者 「きゃああああああ!こっちくんなーっ!」











b0296791_16594157.jpg




わたし 「フッ・・・ニセモノが偉そうにした所で怖くないもんね!」



代弁者 「あんたって奴は・・・髪型と服が変わったくらいで・・・

      正気に戻って!お願いだからー!離してぇぇぇ!」












b0296791_15464815.jpg






代弁者 「たたた、たんまたんま!」












b0296791_15465311.jpg





代弁者 「(と見せかけて・・・)えいっ!











b0296791_1547527.jpg






代弁者 「舐めてもらっては困るわよ!こう見えても私は

       超える力を持つ、ミンフィリアよ!・・・って、なんだか・・・」















b0296791_15471055.jpg





代弁者 「くっ・・・無理矢理すぎたか・・・でもそんな事よりこのままじゃ・・・

     星の言葉を・・・何故私がミンフィリアだと気付いてくれないの・・・」













b0296791_1547153.jpg







わたし 「フフフ・・・ロックオンしたので逃げても無駄ですよw」











b0296791_15473269.jpg






代弁者 「カッチーン!さっきから、どこのどなたどこのどなたって!

       ミンフィリアだといっとろーーがっ!コノばかねくがっ!」





わたし 「ばっ・・・ばかですって!?」




代弁者 「ふん!それに・・・」













b0296791_15473721.jpg







カッチーン!∑(#`皿´ノ)ノ




わたし 「も・・・もう許さん!」












b0296791_15474267.jpg





わたし 「そんな事は着てみなければわからないわっ!

      さぁ脱ぎなさい!脱がないならわたしがひっぺがしますよ!!」






代弁者 「ほ、本当にどうしちゃったのよ!あなたは光の戦士なのよ!?」













b0296791_1547472.jpg











b0296791_15475430.jpg







代弁者 「もう・・・」













b0296791_1548222.jpg





え・・・泣いて・・・?










b0296791_1548969.jpg






わたし 「あ・・・いや・・・あの・・・え?

          ちょ・・・ちょっとまっ・・・」







わたしが待ってと言い終わる前に

ミンフィリアと名乗る代弁者さんはハイデリンの中へ吸い込まれる様に入って行きました











b0296791_15481999.jpg




あれがもしミンフィリアだったら何故こんな所に居るのだろう

髪型も目の色も服も違うけど、もし本当にミンフィリアだったら・・・

そんな事を思っていたら、また気が遠のいて・・・





気付くとそこは













b0296791_15482887.jpg










b0296791_15483415.jpg



マトーヤ婆さんの洞窟でした・・・。










b0296791_1548482.jpg



ん?ミンフィリア?

何故みんなミンフィリアっぽい人が居たのを知ってるの?と聞くと・・・




アルフィノ 「な、何言ってんだよねく・・・ねくはミンフィリアの手掛かりを探して

        逆さの塔へ行ったんじゃないか!まさか忘れてないよね?」






え・・・

そんな理由で逆さの塔に行ったんだっけ?

そ、そうだったんだ・・・い、いやさぁ・・・初日に色々あってね?

怖いわ、落とされるわ、その上入れなくなっちゃってさぁ

すっかりストーリー忘れちゃってたよ~ (。・ ω<)ゞてへぺろ♡






サンクレッド 「てへぺろじゃねーんだよ!ミンフィリアは!

         さっき似た人が居たって言ったよな?おい、ねく!」








あ・・・










b0296791_15485411.jpg






わたし 「かくかくしかじかでどうしたこうした・・・で、消えて行きました・・・;;」






みんな 「なっ!?」












b0296791_182225.jpg









b0296791_15491052.jpg









b0296791_15491680.jpg





マトーヤ婆さん 「もう星の声は聞こえぬな・・・ならばエオルゼアはもう・・・」







みんな 「・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・。」













b0296791_15492453.jpg




こうして

裸エプロン的な何かで・・・エオルゼアは窮地に陥ったのでした・・・。





(*;ω人)ゴメンナサイ

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-16 19:00 | Comments(11)

パッチ3.2初日(虎馬)

ようやく3.2の日記になります・・・。





3.2のパッチを当てて

いざエオルゼアの世界へ!


















b0296791_11391878.jpg



なっ・・・


まさかみんな・・・た、高まってるわけじゃないよね・・・?

はははは・・・まさかね~

もう一度・・・ポチッ














b0296791_11392476.jpg



お~、今度はすんなりかな~















b0296791_11393069.jpg



え・・・マジ?w

みんなそんなに高まってるの?

馬鹿じゃないの?そんなに急いでも仕方無いっての~w(オマエダヨ!w




とか言いながら

何度目かでやっと入れました^^ (ヨカッタネ





いつもはメインストーリーを放置して、他の事からやるんだけど

今回はメインからやってみようかな~って思って進めると













b0296791_11393616.jpg



理由はすっかりわすれましたが

逆さの塔っていうIDに行けと言うので















b0296791_11394240.jpg



丁度メインが同じ進行度でばったり会った

えくるんと、がこしゃんと、わたしで行く事になりました~



シャキンしたので中へ入ると~












b0296791_11394818.jpg



逆さの塔があ・・・アレ?

逆さでは無いんですけど~?w

ま、まぁいいか・・・って進むと














b0296791_11395584.jpg




いつの間にか逆さになってました・・・

いつなったんだろ?w




そして最初の中ボス












b0296791_1140125.jpg




大きなカエルさんに挨拶をすませ

戦い始めると














b0296791_1140753.jpg



ゲロッ!

カエルにされちゃったの?

うは~、まいったな~w

どんなカエルになったんだろ、カメラを寄せて姿を見・・・



って・・・










b0296791_11401450.jpg



あ、そうでしたか^^;

こんなカエルもいるのかな~?なんて思っちゃったw (アホナノカ

まさかお尻を見てたなんてね~///



っていうか、そう言う事ではないのよ!

わたしはカエル嫌いなんですよっ!!













b0296791_11403298.jpg



とかやってる間に、大きいカエルさんはやっつけられてました・・・(ぉぃw




で、次の中ボスは












b0296791_11403713.jpg



岩に乗ったタマギでしたが

良くわからない内に終わってました・・・(ぇw




あとの道中には













b0296791_11404297.jpg



こんな雑魚さんがいましたが

コレどっかで見たような見た事ないような・・・

まぁ思い出せないのでどうでもいいですけどね (イイノネw









いよいよラスボスへ












b0296791_11404774.jpg



う・・・

に・・・人形・・・?












b0296791_11405258.jpg



怖いのが嫌いなわたしは

この手の人形とか、もうすでに怖いので

嫌な予感しかしなくて、なかなかあっちに行けなかったのですが

身内3人でCFで来てるものだから、他の方に迷惑をかけるわけにもいかず・・・




ええいっ

って戦闘を開始した!
















b0296791_114122.jpg



人形さん達が合体して、でっかいキモイ人形になった;;













b0296791_1141748.jpg



思った通りなんだよね~・・・

この意味のわからない怖さって説明できないけど

こういうの怖くて嫌なんだよね~・・・






って思いながら見てたんだけど (コウゲキシロ















b0296791_11411334.jpg



がこしゃんがわたしに切りかかってきた!













b0296791_11411948.jpg



なんで味方に攻撃してんのよぉ!




っていうか 









わたしがわたしじゃないっ! (イマカヨw



くっ・・・一体いつの間に人形に・・・

人形なんて嫌!早く!早くわたしを殺して!

あ・・・でも痛くしないで・・・優しく・・・お願い・・・///




とか

よくわからないことになっていると



急にボスが!















b0296791_11412546.jpg





ヒイィィィ!!!!(゚ロ゚ノ)ノ















b0296791_11413055.jpg






ギャ━━Σヾ(゚Д゚)ノ━━ !!!!








        

         

          

           
 
            




















b0296791_14415140.jpg





         あ?













ちょ・・・・





ちょっとまってぇー!

こんな所で切れた方が余計に怖いんだからね!?

勘弁してよもー (´;д;`)ブワッ







それからとういもの

必死で何度も何度もログインに挑戦してみたけど・・・






















b0296791_14415976.jpg




Σ( ̄□ ̄lll)





妙にトラウマになりそうな

3.2の初日はこうして幕を閉じたのであった・・・。






( ˘•ω•˘ ).。oஇ

Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-12 16:30 | Comments(9)

マン虎を取るまで (R18…かな?

お久しぶりの日記をなんとなく書きます。









前にモンクのアビリティ「マン虎」を取るため

格闘士を上げ始めた日記を書きましたが、その続きを書きまぁす。







ギルドマスターのハモン爺さんを訪ねると

まだあの計画を諦めてないようで・・・(ここ参照→ 「お爺さんの危ない計画」 )











b0296791_1828412.jpg



またアレをやってくれと言うのです・・・












b0296791_18281033.jpg



今度は上手く行く保証なんて無いし

失敗したらそれこそ本当に使い物にならなくなるんじゃないのかなぁ・・・






どうしょうか悩んでいると






お爺さん 「フッ、来ないなら・・・こちらから行くぞっ!














b0296791_18281620.jpg





あ、あっぶなーーっ! Σ( ̄□ ̄lll)



いきなりなんて事を!

しかも今の・・・パンチチーって、またおっぱい狙ったわねっ!?

前にあれほど言ったのにまた・・・くっ・・・












b0296791_18282149.jpg



もうどうなっても知りませんからね!



行きますよっ!!














b0296791_18282740.jpg



このっ!

このっ!













b0296791_18283455.jpg



エロジジイめっ





これで













b0296791_18284167.jpg




えっ・・・!?

い、今・・・すごい硬いものに当たったような・・・





お爺さん 「おおおおお!!やった!やったぞねくぅぅぅ!!!」




わたし 「あの・・・一体何が・・・」




お爺さん 「計画は大成功じゃぁーっ!い、いててて・・・」





大成功ってまさか・・・

じゃさっき硬いものに当たった感触って・・・うそ・・・











b0296791_18284969.jpg




こうしてお爺さんの危ない計画は

あろうことか大成功したのでした!(マジデ!?w



それからのお爺さんはと言うと

街で暴れている悪い奴らをやっつけたり、本当に身も心も若返ったようでした












b0296791_18285943.jpg













b0296791_18291243.jpg



一瞬、若い頃のお爺さんが見えるかのようでした












b0296791_18291833.jpg



そして計画を大成功させたお礼として

スキルと









b0296791_18292436.jpg



格闘士の免許皆伝を頂き、モンクへのジョブチェンジが出来るようになりました



早速わたしは

モンクになるべくジョブクエを受けるのでした












b0296791_18293294.jpg





わたし 「ん?モンクの証?あぁ・・・石の事ね」



ウィダルゲルト 「本当に特別な人にしかこの証はあげられないんですよ?

           これはインドの山奥でとても険しく人が入れないような場所で

           修業をした初代モンクが削り出した石・・・そうこれは・・・」


        











b0296791_18293830.jpg





ウィダルゲルト 「う・・・いや、この石がなんたるかを・・・」




わたし 「いいのよそう言うのは、売れもしないただの石なんだから

       ・・・で?くれるのくれないの?どっちよ」





ウィダルゲルト 「あ、あげます・・・」














b0296791_19381723.jpg





ウィダルゲルト 「・・・・・・・。」











b0296791_18295958.jpg













b0296791_18307100.jpg



こうして無事モンクになる事が出来まして









b0296791_18301364.jpg



スキルも頂き

後はもう「マン虎」までレベルを上げるだけ!



リーヴをやりながら、それだけでは飽きちゃうので

行けるようになったIDは行くようにしたり、出来る事を全てやり












b0296791_18301948.jpg













b0296791_18302812.jpg













b0296791_18303430.jpg














b0296791_18304112.jpg














b0296791_18304950.jpg














b0296791_18305335.jpg




そしてついに

わたしは・・・










「マン虎」を修得した!




フッフッフ・・・いい?マンちゃん

やって見せたげるからよ~く見ててね?





いくわよ~?










b0296791_1831322.jpg





















b0296791_18311744.jpg



そんな、やってんだかわかりにくい上に

コレ必要なの?って思わなくもない「マン虎」を取ったと言うだけの話・・・。(ソダネw






じゃまた^^


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-08 12:06 | Comments(10)

御主人様ぁ~❤

すっかり更新が止まってしまってますが

書く気力が出てきたらまた書くと思うので・・・ごめんなさいね^^;

まぁ、ゲーム自体もモチベが半端無く下がってんだけどね~(ぉぃw



でも今日は

急に書く気が湧いてきたのです!

それは・・・コレです! ↓









セブンイレブンとFF14のキャンペーン!


昨日(4/1)から始まったキャンペーンで

メイド服が貰えると言うので、早速対象商品を購入!(2回に分けたけど重かった;;

レシートに書いてあるコードを入力し(14個分の入力がとてもメンドクサイ!

ゲームにIN!

モグ宅急便に届いている荷物を開けると~















b0296791_1611440.jpg



こ・・・これは・・・












b0296791_1612014.jpg



ちゃんとしたメイド服だぁ~!w

しかもいい出来だわっ!













b0296791_1612584.jpg



ここまで出来のいいメイド服を用意されては

身も心もメイドになるしかないじゃん!!(ソウナノカ?














b0296791_1613081.jpg



いつもお側に居たいけど、本当に用がある時しか呼んでもらえない・・・

重い物なんかは自分で運ばれてしまう、そんなお優しい方・・・

喋るとイケボで・・・身体がしびれちゃうの❤













b0296791_161359.jpg



わ・・・わかりました御主人様

こ、こう・・・でよろしいですか?


わっ!

こ、こっち見ないでくださいっ///

は・・・恥ずかしいので向こう向きますね・・・><


あっ・・・

ご、御主人様・・・・な、なにを・・・あんっ















b0296791_1614024.jpg





そんな妄想が捗るこのメイド服はとてもイイと思いませんか!(オモイマセン…




と、そこへ

がこしゃんが通りかかったので













b0296791_1614723.jpg



これよくないですか~?


え?やっぱり?











b0296791_1615251.jpg



ほんとにもぉ~

がこしゃんったら・・・しょうがないなぁ~///














b0296791_1615861.jpg



御奉仕してあげるって言ってるのに

がこしゃんは何故か怖がって逃げて行きました・・・;;

なぜなのでしょうか・・・?



チッ・・・(コラw





そしてメイド服が気に入ったわたしは

白魔のミラプリにして、そのままエキルレへと行くと














b0296791_162448.jpg



イモ虫とか気持ち悪いのでホーリーホーリーしてると

タンクのえくるんを落としてしまいました・・・^^;(チョw





すると役に立たないなんとかの法則通り

ミニオンをゲットぉぉぉ!(ヒドイw


外に出て見てみると~?











b0296791_1621651.jpg



とても奇麗なちょうちょでした^^

ちょうちょだって虫だから本物は足があったり頭とかあるので

キモチワルイので触れませんが、このミニオンは羽だけなので良かったですw














b0296791_1622274.jpg



肩にとまってくれました^^






と、キャンペーンの宣伝ではないけれど

メイド服貰ったので見せたいだけの日記でした~w(コラw



じゃまたね^^


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-04-02 17:00 | Comments(11)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。


by ねく
プロフィールを見る
通知を受け取る