<   2015年 10月 ( 7 )   > この月の画像一覧

恋・・・しちゃったのかな

b0296791_1854252.jpg



パシリ扱いに嫌気がさし

メインクエを放っておいて気分転換してたのですが

やっぱり気になるのと、少しは気分も晴れたと言う事で

みんなのもとへ向かってみたんです・・・すると・・・

何故かこんな所で野宿する所だったようです^^;



あ、あのぉ~・・・

別に野宿なんてしなくてもテレポあるんだから宿屋に泊ろうよぉ~?

って言っても「雰囲気が出ないだろっ!」と一喝されて終わるのでした (´;ω;`)ウッ




そして寝る前に

一応、これからどうするかを相談している時でした・・・















b0296791_1854772.jpg















b0296791_19381466.jpg



などと、男共がまた例のナニの話をしだした時















b0296791_1855853.jpg



イゼルさんはカンカンに怒りだし

けしてホンモノに言ってはいけない暴言を吐いてしまうのでした (´・艸・`;)イッチャッタノネ



すると・・・













b0296791_186665.jpg



はぁ・・・これだから童貞こじらせたヤツはどうしようもないんだよ・・・

なんでも言やぁいいって思ってんのかしら・・・

イゼルさん、もうこんな奴らほっといて寝よ~^^



と、言おうと思ってイゼルさんの方を見たら













b0296791_1861173.jpg





∑(゚ω゚ノ)ノ キュ!!!

驚き過ぎて顔がでっかくなっちゃってますよ!イゼルさん落ち付いて!



と思いながらも

わたしもそのあまりの顔にビックリして声が出せずにいたら

















b0296791_1861657.jpg




・・・。






(。-`ω-)ン?
















b0296791_1862291.jpg





なに?なにこれ・・・なにが始まったの?
















b0296791_1862756.jpg
















b0296791_1863372.jpg





イゼル 「だっ・・・だから!ウソ言わないでって!」









エステにゃん 「ウソなんかじゃない!本当なんだ・・・

          実は、君と会った時から思ってたんだ・・・可愛いなって。」














イゼル 「そ、そんな・・・・・

          そんな事・・・言われたの・・・初めて・・・」

























b0296791_1863844.jpg




あっ



恋する乙女の顔に・・・








エステにゃん 「あ、あの・・・よ、よかったら・・・だけど・・・よ

          ちょっとその辺、二人で歩かないか・・・(//∇//) 」












イゼル 「は・・・はい・・・(///ω///)」








そして二人は

顔を真っ赤にしてうつむきながら

手をつなごうかどうしようか迷ってる感じのまま、夜の闇へと消えて行きました・・・。










な・・・なんか・・・
















b0296791_186433.jpg




そっかぁ・・・恋しちゃった・・・のかな?w




でも・・・



竜を狩る者と、竜との融和を望む者・・・



ロミオとジュリエットかぁーっ!クゥ~ッ!(ゼンゼンチガウ!



あの二人上手く行くのかなぁ・・・上手く行ったらいいな~





なんて思いながら

二人が消えた闇の方を見てたんだけど

同じように、このやり取りを横で見ていたアルフィノが突然!


















b0296791_1864850.jpg



















b0296791_1865439.jpg




寝た振りして無視しておきました^^ (子供は寝なさい!w




じゃまた~^^





Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-30 20:00 | Comments(6)

ニーズヘッグの女

羅亜刃那さんを倒したわたし達は

意気揚々とヴィゾーヴニルさんのもとへと帰って来ました






















b0296791_11163341.jpg



イゼルさんがまた呪文のような名前を呼んだかと思うと




すぐに・・・













b0296791_11164244.jpg






ヴィゾーヴニル 「俺の名前連呼すんじゃねーつってんだろ!

           お前何様だと思ってんだコラァ!」
















b0296791_11164843.jpg

















b0296791_16134350.jpg



なんですって!?

居場所知らないくせに・・・わたし達を利用したんですか!




わたしはカッとなり

ヴィゾーヴニルに超究極奥義:ぐりぐり棒をお見舞いしてやろうとすると






エステにゃん 「まぁまて、ねく・・・

          フ・・・いいじゃねーか、ソームアルとやらに行くぞ!」





って言うもんだから

ん?なんで?って聞くと













          



b0296791_11434845.jpg



(ー`´ー)うーん


何故わたしがそんな事に付き合わなければいけないのか疑問だらけでしたが

結局は、そのティオマンとか言う竜にしか

ニーズヘッグの居場所がわからないわけで

しかも、ニーズヘッグの女なら居場所を間違いなく知ってるはず・・・




と言う事で














b0296791_1117437.jpg



アルフィノやイゼルさんはもちろん

言い出しっぺのエステにゃんですら一緒に来なくて

後から追いかけるからと、何故かわたし一人に行かせるのでした・・・(ヒドナイ?w




仕方なく中に入り











b0296791_1117966.jpg



いつものように1番目の中ボスが居ましたが


これが













b0296791_11171550.jpg



侵攻編1層のラフちゃんでした^^











b0296791_11172218.jpg



わたしが久しぶりの対面に喜んでる間に

ラフちゃんはやられていました・・・。(チガウカラw



そして2番目の中ボスは











b0296791_11173296.jpg



なんかでっかい恐竜みたいなやつでしたが













b0296791_11174152.jpg



挨拶もしないので















b0296791_11174622.jpg



お仕置きにLB叩きこんでおきました^^






そしていよいよ

ボスの間へ着いた時














b0296791_11175222.jpg



と言いながら、でっかい竜が出てきたので・・・




わたし 「あ・・・あなたが・・・ティオマンさんですか?」
















b0296791_11175816.jpg



ってイキナリ敵対心むき出しで来られてしまいましたが

わたしはもうそんな事よりティオマンさんの姿を見て

どうにも腑に落ちないので、聞いてみる事にしました。















b0296791_1118490.jpg



あ、えっとですね?

ニーズヘッグさんのお気に入りの♀竜だと聞いて来たんですけどね?

どう見ても♀に見えないって言うか・・・なんというか・・・骨と言うか・・・(ぉぃw

男性は少しポッチャリの方が好きな人多いらしいですよ?

まぁ・・・そもそも?

どこを見たら♂と♀がわかるのか知らないんですけどねー゚。(*^▽^*)ゞ



それともう一つ・・・

ティオマンと言うくらいですからアゲマンかサゲマンかどっちかだと思うのですが

ニーズヘッグさんが復讐にかられ暗黒面に落ちているらしいので

どっちか言うと、やっぱり・・・












サゲマン・・・ですよね?^^;



















b0296791_14544520.jpg



ティオマンさんはサゲマンである事を気にしていたのか

猛烈に怒り狂い、その怒りの衝撃波だけでわたしは・・・













b0296791_11181710.jpg



ちんでしまいました;;(マジデ?





その後の事は、衝撃波のせいかボ~っとしててほとんど覚えてませんが

気が付いたら














b0296791_11182624.jpg



サゲマン ティオマンさんは











b0296791_11183588.jpg



他のヒカセン達にやられて、消えて行きました


わーい!ボ~っとしてても勝ったー!






って・・・













b0296791_1118411.jpg






ニーズヘッグの居場所をまだ聞いていない!!



うわわわわ

ど、どうしよ・・・死体まで消えてしまったよ・・・





居場所を聞く前に倒してしまって動揺していると

丁度そこへ
















b0296791_1119498.jpg



アルフィノ達が来ちゃいました・・・(((((( ;゚Д゚)))))ガクガクブルブル






アルフィノ 「ティオマンはどこだ!ヤツの居場所を聞けたのか!?」











b0296791_1593123.jpg







わたし 「居場所を聞く前に・・・その・・・」















b0296791_1119142.jpg







アルフィノ 「こ・・・殺してどうするんだよバカ!ヤツの居場所をk・・・」












b0296791_11192059.jpg



う・・・あの・・・

ご・・・ごめんなさいね?^^;

戦いの途中でちんでしまって頭がボ~っとしてる間に・・・

ホント・・・ごめんなさい・・・;;











b0296791_11192654.jpg




情報源であるティオマンを殺してしまった為

仕方なく、また新たな情報を求め・・・













b0296791_11193448.jpg



竜を探す旅を続けるのであった・・・。

















b0296791_11194726.jpg



でも・・・

よくよく考えればですよ!?

3人とも手伝いもしないで、わたし一人に行かせたあげく

遅れてきたくせに文句ばっかり言われて・・・




ヒカセンはあんた達のパシリじゃないのよっ!










b0296791_11195430.jpg



急にアホらしくなったわたしは











b0296791_1120030.jpg



メインクエを放棄し(ぇw

好きな事をやると決めたのでした^^






まずは















b0296791_1120748.jpg



クルザス西部の風脈を全て見つけ

初めて空を飛んだ!!




そして

とても気になって気になって










b0296791_11201367.jpg



仕方が無かったサブクエ・・・














b0296791_11202059.jpg



子猫ちゃんを助け

無事飼い主にお渡しして~




高地ドラヴァニアも風脈を開放し

凄い所に登ってみたり~w










b0296791_11203653.jpg



こんな所にも来れるんだな~って喜んでたら







マンちゃん 「オィ、トビハネルナ・・・シタヲミロ」













b0296791_11204337.jpg



(;´Д`) うぅっ。。

強烈に高かった・・・






そんな事をしながら

色んな所へ行ったりして綺麗な景色をみて














b0296791_11205155.jpg



少し気分転換出来たようです v(*'-^*)ゞ・'゚☆ブイ







じゃまた~^^




Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-28 17:00 | Comments(5)

武神・羅亜刃那!

前回

ヴィゾーヴニルを大変怒らせてしまい

ニーズヘッグの居場所を聞けなかったのですが

グナース族が呼びだした蛮神を討てば、考えてくれると言うので












b0296791_1925850.jpg



グナース族の集落らしき所を探していたのですが

どこにも居ない・・・

わたし達の侵入に気付き、隠れているのかな?と思っていると




突然!

















b0296791_12382075.jpg



か、囲まれた!

っていうか、これがグナース族!?

なんだか訳がわからないどう見ても人ではない生き物!!

ヘルメットなのか何なのか知りませんが、頭がもうカメムシ!

き、きもちわるい!!





わたし 「気持ち悪いのでやっつけちゃっていいですか!?」




イゼル 「ば、馬鹿!待て早まるなっ。私に良い考えがある!」




と、イゼルさんがいうので

鳥肌を抑えながら我慢してると
















b0296791_1925196.jpg



え・・・

わざと捕まるんですか?このキモチワルイ奴らに?マジで?

鳥肌がハリセンボンの針の様に大きくなっていくのを感じながら

わたし達はグナース族に連れて行かれるのでした















b0296791_19252566.jpg



っていうかですね?

もし蛮神に会えたとしてどうするつもりなんですかね?

たった二人でグナース族と蛮神を相手にするとか

無謀だと思うんです・・・もうちょっと考えてから・・・




とか言ってる間に

蛮神を呼び降ろす部屋に来てしまったようで;;














b0296791_19253060.jpg



中はとても広い空間でした


すると、グナース族の神職ってのが現れ

蛮神を呼ぶのでした。














b0296791_1928373.jpg



このグナース族って顔がどうなってるのか

全然わかんないんだけど・・・目とかあるのかな?足もよくわかんないし・・・

マジキモイんですけどぉー!


とか思ってると















b0296791_1928960.jpg



蛮神が・・・











b0296791_19281537.jpg



かっこよく・・・











b0296791_19282166.jpg



登場した・・・














b0296791_19282688.jpg




お・・・
















b0296791_13331310.jpg




武神かーっ!

なんだかすごくカッコイイね!

名前も漢字で雰囲気出てるよね~!(ボウソウゾク?

んでもって剣を4本も持っちゃってさー、羽も生えてるぅー!キャースゴーイ!





って、ん?



4本も手が・・・は、羽・・・?



( ̄ω ̄;)エートォ...



こ、これは・・・

どこからどう見ても・・・


















b0296791_13415113.jpg



テンションが一気に下がったわたしをよそに

神職は武神・羅亜刃那さんに聞くのでした。












b0296791_1929559.jpg



すると












b0296791_14332918.jpg



と、わたし達に聞いてきたのですが

まさかここで 「あなたを討伐しに来ました^^」なんて言うとどうなるか・・・

恐ろしくてそんな事、口が裂けても言えないので

どう答えようかと迷ってたら・・・














b0296791_19291767.jpg







うんうん!

いやぁ~実はそうなんですよね~ ゚。(*^▽^*)ゞ ポリポリ


















b0296791_14355738.jpg




!!!!!!(゚ロ゚屮)屮




マテマテマテマテ!w

こんな相手に有利な空間で何を言ってるのっ!

実はアホなんですか!イゼルさん!!

ヤ、ヤバイ事になっちゃいましたよー!?




こんな事言ってしまって、羅亜刃那さんがどうするのかドキドキしていると・・・


















b0296791_1441524.jpg



とても喜んでしました・・・


ε-(;-ω-`A) フゥ…







喜んでくれたわ~良かった良かった・・・って オィ!ヾ(`Д´*)ノ



結局戦う事になってんじゃないですかっ!><

なんて事してくれるんですか!わたし知りませんからね?



っていうと




イゼル 「フフッ・・・私を誰だと思っているの。

      こう見えても私は蛮神シヴァよ?もうお忘れかい?

      あなたの手はわずらわせないわ、任せてちょうだいっ!」






そう言ったかと思うと次の瞬間














b0296791_19293523.jpg














b0296791_19294271.jpg









ババ~ン!
















b0296791_1512338.jpg




ちょ・・・










b0296791_1552738.jpg















b0296791_19301415.jpg








羅亜刃那 「・・・・・・・。」











b0296791_1581486.jpg




デ…デスヨネー(; ̄ー ̄A


ま、まぁ・・・お色気作戦はこの際無かった事にして・・・


が、頑張って!シヴァさん!
















b0296791_19303268.jpg





おー!いけ~!やっつけちゃえ~!














b0296791_19304033.jpg





えっ・・・














b0296791_1930473.jpg

















b0296791_19305496.jpg




あ・・・あの・・・



早すぎないですか・・・シヴァさん・・・^^;;;

















b0296791_15384152.jpg




わたしはただ連れて来られただけなので・・・

なんかすいませんね~(〃'∇'〃)ゝエヘヘ
















b0296791_1547236.jpg




そういって消えたかと思うと

















b0296791_1931794.jpg



Σ(っ゚Д゚;)っ



いつでも来れるようにと、コンテンツに追加してくれるのでした・・・。(ヤサシイネ;;






そして、あっという間にやられてしまったイゼルさんの所へ行くと















b0296791_1557587.jpg



後を頼まれまして・・・




一番最初の蛮神戦、イフリートの時みたいに

結局やらないとこの部屋から出してもらえないらしく・・・















b0296791_1935413.jpg



CFに登録して待つのでした・・・。



そして!







シャキーン!












b0296791_19351224.jpg



嫌々ながら中へ入ると













b0296791_19351818.jpg



男の人の掛け声のような妙な音楽と

何故かまた円形の場所に














b0296791_19353038.jpg



羅亜刃那さんが、かっこよく登場














b0296791_19353926.jpg



するのがウザくて・・・つい・・・

















b0296791_19354729.jpg



イキナリ3本LBを叩きこむと


















b0296791_1622933.jpg















b0296791_1936377.jpg














b0296791_1936117.jpg



あっという間に倒しちゃいました~^^












b0296791_19361838.jpg




リミットブレイクのエフェクト仕様が変わって、初めて3本LB撃ったけど

でっかい竜が出てきたよー!?

なにこれかっちょイイーーーッ!!




わたしが竜騎士だから竜が出たんだよね?すごいよね~!

じゃあモンクとかどんなのかな?忍者とかなにがでるんだろーなー





・・・・。















b0296791_1735029.jpg





確かこのFF14って・・・






・竜騎士=竜を操る者 ×

・竜騎士=竜を狩る者 〇







だよね・・・?



じゃ、なんでリミットブレイクで竜が出てきた?

いつの間にか味方になってくれたのかな・・・?


(。-`ω-)ンー ・・・




ま、いっかw (イイノネw





こうして、羅亜刃那さんをあっさり倒し部屋からも出られたのでしたw



じゃまた~^^





Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-24 18:00 | Comments(7)

ヴィゾーヴニルって言えますか?

前回


ニーズヘッグを探す旅を始めたわたし達は

高地ドラヴァニアと言う所まで来たのだけれど






突然イゼルさんが














b0296791_1826514.jpg



ここに来て!?

何故ここまで黙ってたんですかっ!













b0296791_18265612.jpg



アルフィノは何故かわたしに怒ってましたが

本人に言ってくださいよ!本人に!!




でもまぁ・・・

そうは言ってもここまで来ておいて、そうですかと帰れないので・・・

イゼルさんの言うとおりにするしかないって事で

この辺りに居るという竜に聞いてみる事にしました。
















b0296791_1827116.jpg





するとイゼルさんは何か神殿跡の様な所で立ち止まり

おもむろに呪文を唱え始めたのであった
















b0296791_1827712.jpg



と思ったけど、良く聞けば呪文では無く

ここに居るであろう竜の名前らしきものを呼んでいたのでした。




すると・・・
















b0296791_18271282.jpg




突然、天から竜が降って来たかと思うと















b0296791_18271796.jpg



って・・・

イゼルさん血が出てますよ・・・大丈夫ですか?

等と心配していると・・・
















b0296791_18272228.jpg



おお、さすがは上位竜らしく喋れるのですね!

しかもイゼルさんとは知り合いらしい

これは期待できそうです^^






そして、イゼルさんは旅の理由

何故ニーズヘッグに会いたいかを長々と説明し終えた




ら・・・

















b0296791_18272815.jpg



むむっ!

何故バレた!?臭いでわかったのかな!?








ヴィゾーヴニル 「まさかお前がニーズヘッグの眼を奪った奴なのか?

           だとしたら教えるわけにはいかんぞ!お前何をたくらんでいる!

           その眼を使い一体何をしようというんだ!!」


















エステにゃん 「あ゛?」














b0296791_18273238.jpg







ヴィゾーヴニル 「テ、テメーまさか・・・ニーズヘッグの眼を・・・」
















b0296791_18273821.jpg




エステにゃんが喋ると話がややこしくなって・・・














b0296791_18274461.jpg



確かに常軌を逸してるので、何も反論できない!(ソリャソウダ



でも、折角ここまできて諦めきれないイゼルさんは

さらに嘆願するのでした













b0296791_18275048.jpg



な、なるほど・・・

「グ」ではなく「ヴ」ですからね・・・

下唇を少し噛むような発音方法なのに、名前に2こも「ヴ」があると

本当に噛んでしまいますよね・・・早口言葉の様に連呼してましたし・・・

相当痛いだろうなぁ~^^;




と思ってたら

ヴィゾーヴニルさんはイゼルさんの涙を見て可哀想だと思ったのか















b0296791_18275540.jpg







ヴィゾーヴニル 「まぁもし討滅出来たらまた来いやぁ~!」













b0296791_1935498.jpg




と言いながら天高くどこかへ行ってしまいました・・・。






はぁ・・・

どうする~?アルフィノぉ

折角、ここの竜さんにも会えたのに

ニーズヘッグの居場所を聞けなくて残念だね~













b0296791_1828723.jpg







当初の目的が違ってきたような気がしますが

わたし達の旅は、まだまだ始まったばかり・・・                   
                 

                                          つづく





Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-22 20:00 | Comments(5)

竜の眼 (R18

ある日の事




アイメリク様に久しぶりに呼ばれたので

いそいそと喜んで向かってみると












b0296791_1333551.jpg













b0296791_1334285.jpg



え・・・

いやいや・・・あの・・・

ニーズヘッグってめちゃめちゃ強い竜じゃなかったっけ?

それをわたしたちだけで倒して来いって?

い、いくらアイメリク様の頼みだと言っても・・・ちょっと無茶では・・・^^;














b0296791_1334519.jpg






いくのかよっ!


ちょっとくらい文句言いなさいよね・・・;;





そんなことで何故か

エステにゃん、アルフィノ、わたしの3人だけで行くことになりました・・・。



と、言っても

そのニーズヘッグの居場所すら知らないわけで、どうするか迷った挙句

竜族を操っていた可能性の高いイゼルさんに聞けば

何か分かるだろうということになりました。



ですが・・・そもそもあの人どこに住んでるのかわからないじゃん?って言うと

エステにゃんがおびき寄せる技を知っているというので

やってみたんですが・・・














b0296791_13341253.jpg



いやいやいや・・・これはさすがに^^;;

こんな雪原の真中で・・・しかもこんな何の根拠も無い適当な場所では・・・













b0296791_13341624.jpg



来ちゃったのね・・・^^;

ま、まぁ・・・何故来たのかはともかく・・・来てしまったんだから仕方が無いので

ニーズヘッグの居場所を知ってるか聞いてみました












b0296791_13342365.jpg



そのまま討伐に行くといえば、教えてもらえないかもしれないので

ちょっと嘘をついて聞いてみたら












b0296791_13342773.jpg



おお!やっぱり知っていたのですか!

ありがたや~、案内よろしくお願いします^^














b0296791_13343321.jpg



イゼルさんは、なにかとても感慨にふけっている様子ですが・・・















b0296791_13343754.jpg



わたしは少し心が痛むのでした・・・






するとエステにゃんが














b0296791_13344382.jpg



長旅に必要な物・・・う~ん・・・

やっぱりハミガキセットとか替えの下着類?服も何着か欲しいけど

そもそも何日くらいの旅なのか・・・ですが・・・




そういうエステにゃんの必需品ってなんなの?

って聞くと・・・





エステにゃん 「フッ、俺か・・・俺の必需品と言えば・・・」

















b0296791_1335018.jpg





ん!?


な、なんなのその異様な感じのものは・・・・

しかもモザイクがかかっている!!














b0296791_1335629.jpg




なっ、なんですって!? ∑(=゚ω゚=;)

まさかそれが竜の眼なの?しかもニーズヘッグの?















b0296791_13351413.jpg



はぃ?

一体何を言って・・・なんで伏字・・・?


っていうか











b0296791_1336363.jpg
















b0296791_13364192.jpg
















b0296791_13364982.jpg
















b0296791_13365512.jpg



な、なんなのよそれって!教えてよ!

って・・・・・・・・ま、まてよ?・・・

男の人が使って気持ちいい・・・女は使わない・・・

モザイクがかかるようなも・・・の・・・













b0296791_1337352.jpg





う・・・嘘でしょ?エステにゃん・・・嘘だよね?そんな事あるわけ・・・














b0296791_1337867.jpg



マジなのか!あんた!

頭おかしいんですかっ!













b0296791_13371535.jpg



何と言うことを・・・って、え・・・?

だとすると・・・もしかしてあの臭いって・・・














b0296791_13372795.jpg






・・・・・・





・・・・・・・・・。














b0296791_13373584.jpg






(´ж`;)ゥ・・ゥップ・・・ 















b0296791_13374064.jpg



とんでもないカミングアウトをされ

まだ始まってもないこの旅を今すぐキャンセルしたいと思うねくであった・・・。






























b0296791_1337488.jpg












b0296791_13375331.jpg








と、まぁ・・・なんといいましょうか・・・

自分でも酷い日記になったと思っています、ホントすいません・・・



じゃまた・・・





Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-20 17:00 | Comments(7)

そんなアチーブないからっ!

えっと






前から何回か書いてると思いますが

どういう検索をしてこのブログへ辿り着いたのかわかる機能がありますが

最近で、一番 「ないわ!w」 って思ったのが・・・






















・裸で縛られ放置の辱めを受けてます助けて      アクセス数:1






どどどど・・・どゆこと!w

調べてないで警察へ行った方が・・・^^;;;

そもそも、こんなの検索してヒットするわけないでしょーーーが!w








と、思ってやってみたらヒットしたょ・・・(´・ω・`)










さて





イシュガルドになり、レベルがMAX50から60になったので

レベルを上げるため出てくるクエストを全て進めて行くと

所々にこういう







b0296791_13183335.jpg



風脈の泉があるんですよ

この風脈の泉を全て見つけないと飛べないらしいので

必死に探すんだけど、地形の高低差が意地悪をします・・・










b0296791_13184091.jpg



近くにあるはずなのに何故か無い!

って思ってると、真上にあったりね・・・;;

この風脈探しは本当に苦労したし嫌いだった・・・。







あとはサブクエストでこんなのがありましたね








b0296791_1318468.jpg



高い所に登ってしまって

降りれなくなった子猫ちゃんを助けてほしいという依頼なのですが














b0296791_13185499.jpg



わたしも黒うさぎになってジャンプ力をUPして

必死になってジャンプしたのですが全然届かず・・・














b0296791_1319046.jpg



他に回り道があるのかと探して見たけど無いし

あたりが暗くなるまで必死にジャンプしたんだけど・・・



そもそも、ジャンプで届くようなものなのかな・・・?

と・・・何時間もジャンプして、はたと気付いた!(オソスギルw













b0296791_1319710.jpg



子猫ちゃんに後ろ髪を引っ張られる気持ちを断ち切り

クルザス西部の色んなクエストを進めていたら

温泉が湧き出ている所を発見した!













b0296791_13191287.jpg



満足そうなマンちゃんを見て笑っていると

偶然にも同じように温泉に浸かりに来たエグザイルさんとバッタリ会い






エグザイル 「暇そうだな、もうID行けるレベルなのに行かないのか?」





おぉ?

そうなのですか!?

ならば行きましょう行きましょう!



と言う事で

ダスクヴィジル(黄昏汁?)という所を開放し









b0296791_13191849.jpg



いざ中へ!












b0296791_13192299.jpg



一体どこら辺が黄昏てるのかわかりませんが、とにかく進み

最初の中ボスらしきモンスターが














b0296791_13192891.jpg



ただのマンモスだった・・・。

まぁ適当に殴ってればいつものように勝てちゃうんでしょ~?

と、舐めてかかってると













b0296791_13193382.jpg


く・・・首が!


何をされたのかさっぱりわかりませんが

念力?を使うマンモスさんでした;;











b0296791_1319508.jpg



あまりの痛さと動けないのとで

後は3人に任せて見学していたのでした。(コラコラ




3人でも難なく倒して頂き

次の中ボスらしき所へ













b0296791_13195788.jpg



まぁ、初見なので?

なんなのか分かるはずもないって事で












b0296791_1320522.jpg















b0296791_13201139.jpg



まだ名前もSS撮ってないのに

エグザイルのワンパンで中ボスは砕け散ったのでした・・・。(ワンパンマン!




そしていよいよ最後の大ボスへ!















b0296791_13201980.jpg


まさか!?

あの石像って・・・




う~ん・・・なんだったっけ?えっとぉ・・・んとぉ・・・

あ、ハルオーネとかいう神様だったっけ?ん?違うっけ?

まぁなにかは忘れたけど、まさか神様と戦うのかな?

もしかしてあの石像が動き出すとかなのかっ!



と、思っている所へ

















b0296791_13202546.jpg



なんとか神の石像をぶっ壊し・・・












b0296791_17184462.jpg




踏みつけながら現れたのは!















b0296791_13203972.jpg


寒い攻撃をしてくる ワシ さんでした・・・。


思いもよらない攻撃に、わたし達の心のHPは半分以下に削られ

戸惑ってるうちに、さらに畳み掛けてくるのでした













b0296791_13204617.jpg


うわーっ!

さむぅーーーー!













b0296791_13205354.jpg



そう・・・

寒い精神的攻撃に加え

ワシさんの羽で起こした寒い風により、わたし達は天高く巻き上げられ

心身ともにHPは限りなく0に近づくほど凍え死にそうでした。



それでも・・・

こんな事で負けるのは悔しいので

なんとか倒れず踏ん張っていると





ワシ 「あきらめの悪い・・・凍え死ぬがよいわ!そりゃ~! 」














b0296791_1321239.jpg



ちょ!エグザイル!5万ギルだかんね?後で払ってよね!

とか言ってる場合ではないのです!

このままでは本当に凍え死んでしまう!



でも良く見れば、ワシさんのHPも結構減ってる

攻撃した覚えも無いのだけど・・・何故だろう?

まぁいいわ!












b0296791_1321818.jpg



もう、LBさえ撃ってしまえば勝ちが見える!


フフフ・・・

覚悟するのね、ワシさん!



いくわよぉ~ 必殺のぉ1本リミットブ・・・





ワシ 「そうはさせるかぁ! そりゃぁ~!! 」




Σ(`д`ノ)ノ

ま、またなの?






いっ・・・



















b0296791_17192534.jpg




><。














b0296791_13213562.jpg





(´;ω;`)ウッ



も・・・もうイヤだ・・・

わたしの精神的HPはもう0よ・・・;;




わたしは落ちながら、負けを覚悟した



その時だった!








ワシ 「な、何度も何度も・・・パンツ・・・見せるなんて・・・

     しかも目の前に来て・・モロに・・・そんな・・・////」
















b0296791_13371095.jpg



!?



そ、そうか、そうだったのね・・・

ワシさんは何度もわたしのパンツを見る度に興奮し

モロ見した瞬間に 発情 蒸発してしまったのね・・・(ハ?



ワシさんを倒した瞬間、レベルUPし

同時にアチーブまで出た!

ワーイワーイ!w


って・・・これ何のアチーブ・・・?














b0296791_13371967.jpg





( ゚д゚) ・・・





(つд⊂)ゴシゴシ





(;゚д゚) ・・・





(つд⊂)ゴシゴシゴシ





Σ(っ゚Д゚;)っ エエッ!















b0296791_13372624.jpg



「露出好きの冒険者」という訳の分からないアチーブが

一気にランク4とランク5が出て2階級特進したようです・・・(´;д;`)ブワッ





あのね!こんなアチーブないからっ!(シッテル・・・



っていうお話。(ナンダコリャw




じゃ、またね^^




Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-15 17:00 | Comments(13)

あなたなら助ける?助けない?

はい、お久しぶりですね^^;



もう、ほぼ誰も関心が無いこのブログですが

珍しく、 「はよ書けよ!」 という催促のお言葉を頂戴いたしましたので

まぁ・・・書いてみようかな~?と言う気になり、書こうとしたのですが

SSを見ると、あまりに昔の事なので・・・ほとんど覚えてないで~す^^ (ぉぃw



でも、必死に思い出しながら・・・書いてみましたのです。














ある日突然

アルフィノに呼ばれたので行ってみると










b0296791_1757369.jpg



ずっと元気の無かったアルフィノが

暁の再建の手始めとして思いついたのが

どこかに囚われていると言うラウバーンの救出だった・・。



わたしはラウバーン救出案に大反対したのだけど

元気を取り戻した熱いアルフィノは全く言う事を聞いてくれず

現場に到着してしまうのだった。














b0296791_17574353.jpg



こんなに嫌だと言ってるのに、無理矢理始めようとするので

アルフィノを捕まえて、何故あんな奴を助けようとするのか問いただしてみました

















b0296791_17574871.jpg









----------回想-------------











b0296791_17575345.jpg






-------回想終わり----------













b0296791_17575858.jpg














アルフィノ 「助けるのがメインクエだから?」 





なっ!


そ・・・そうなの・・・?

ぐぬぬぬぬ・・・それなら・・・しょーがない・・・





納得できないけど、やらなければ進まない

わたしは嫌々、クエストをすすめるのでした;;













b0296791_1758438.jpg



囚われているラウバーンをみつけた!


のだけど

このまますんなり助けるのが癪なわたしは













b0296791_17581070.jpg



少し嫌味も言いながら













b0296791_17582135.jpg















b0296791_17582856.jpg



謝罪を求めるのであった!(当然だよね?w



そもそもラウバーンがどれほど偉い人か知りませんが

いつもわたしをアゴで使い、それでいて感謝の言葉も無く

「ありがとう」の所を「よくやった」だのと偉そうに・・・お前はわたしの上司か!

あげくの果てにわたしを「貴様」呼ばわり・・・






【貴様】 お前。男性が親しくしている対等か目下の者に対して用いる語。罵る時にも使う。

     [由来] 昔は文字通り「あなた様」の意味で尊敬をもって使われていたが

          近年は口頭語として用いられ尊敬の意味が薄れ同等以下の者に

          使うようになり、相手を罵って言う場合に主に用いられるようになった。







ふむ・・・

明らかにわたしの事なめてるよね?

謝罪しなさいよ!はよ!




わたしがここぞとばかりにラウバーンに文句を言い謝罪を要求してる




その時!

















b0296791_17583353.jpg





お・・・お前は イルベルド!


何故ここに!

わ・・・罠だったのね!?














b0296791_17584564.jpg






う・・・











b0296791_17585012.jpg





イルベルド 「ん~?何を払えっていうんだ?」




とぼけないでよ!

あの時・・・







----------回想-----------











b0296791_17585653.jpg









-----------回想終わり------------





見たんならお金払いなさいよ!

タダ見なんて許さないんだからね!

あっ!もしかして触ってないでしょうね?

もし触ったんなら高額な請求するからね!

んと・・・えっと・・・ご、5万ギルだかんね!!今すぐ払いなさいよ!ねぇ!















b0296791_1759111.jpg









イルベルド 「ここでお前達、暁とラウバーンさえ始末してしまえば

        この俺様がウルダハを支配できるのだ!ははははは!

        ははは・・・は・・・・は?・・・お、おぃ・・?」
















b0296791_1759822.jpg



た・・・

たしかに・・・

あなたにとっては・・・

どうでもいいかもしれないけど・・・



うぅ・・・

み・・・みたくせに・・・うっ・・・



どうでもいいって・・・












b0296791_17591457.jpg




ゆるさない・・・



おまえ・・・













b0296791_17592160.jpg










バッ!










b0296791_17592757.jpg

















b0296791_17593447.jpg

















b0296791_1759407.jpg
















b0296791_17595428.jpg



つ・・・つよい!





わたし達の死闘は1時間経っても終わる事は無く

お互いの力が拮抗し、いつまでも決着が付く様子がないので



わたしは・・・






ねく 「くっ・・・こうなれば最後の手段!究極奥義、竜騎士ジャ~ンプ!」




そう言い放ち、天高くジャ~ンプ!

槍の切っ先をイルベルドの脳天へー!!















b0296791_180127.jpg

















b0296791_180896.jpg



竜騎士ジャ~ンプ失敗! からの~? ただの突き❤


騙されたわね?w


さぁさぁ、これはどうかな~?













b0296791_180159.jpg



刺さった槍をぐりぐりすると痛いでしょ~?w

これが 超究極奥義:ぐりぐり棒 よ!(ソウナンダ・・・



すると

ほとんど減って無かったイルベルドのHPは

みるみる無くなり、戦意喪失したようで













b0296791_19491192.jpg




走って逃げれないくせに、偉そうに言いながら

ゆっくり逃げようとするので

トドメを刺してやろうと追いかけると















b0296791_20232920.jpg




え・・・殺しちゃダメって・・・

もしかしてあいつ、また出てくるようなシナリオになってんの?



・・・

はーっ・・・全く!

わかった、わかったわよ!ラウバーンね!はいはい。





腹が立ち過ぎてもう逆にどうでもいいから

クエストを一刻も早く終わらせようと、ラウバーンを助けたら













b0296791_1803666.jpg



この期に及んでも、まだキサマ呼ばわりのこいつに

超究極奥義をやってやろうかと思っていたら・・・














b0296791_1804258.jpg



ん?二択?なになに・・・?

ラウバーンに何という?

①協力しよう

②ともに戦おう





・・・・・・・。











b0296791_1804958.jpg




これ言葉が違うだけで、内容は①も②も同じだよねぇ

協力しない、一緒に戦わない選択肢がないけど・・・どゆこと?




へぇ・・・いいのね?こういう事して・・・

あんたがそう来るなら・・・











b0296791_1805773.jpg



選びなさいよ!

どっちなんだよ!わたしはどっちでもいいぞ(っ`Д´)っ・:∴ゴルァ!!!!!!



って、ちょっと脅かしたら












b0296791_2022525.jpg



って

もの凄く謝ってくれたので














b0296791_20492522.jpg




許してあげました^^







と、言う事が・・・随分前に

あったようななかったような・・・・?




じゃまた~^^




Copyright (C) 2010 - 2015 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2015-10-08 20:30 | Comments(12)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。


by ねく
プロフィールを見る
通知を受け取る