人気ブログランキング |

2016年 03月 06日 ( 1 )

お爺さんの危ない計画

前回から

モンクのアビリティ「マントラ」を取る為、格闘士を上げ始めましたが

元々は「内丹」と「発勁」が欲しかっただけなので

12くらいまでは上げたけど、そのまま放置してたんだよねぇ・・・^^;





手帳とかやって20くらい?になったのでクラスクエストを受けるべく

格闘士ギルドへ行きました。
















b0296791_1122119.jpg



クエスト・・・というよりスキルが欲しいので来たんですが















b0296791_1745313.jpg



このお爺さんは、わたしと手合わせして強くなったか見ると言うのです



怖いけど・・・まぁ、しょうがない・・・

こうなったら強くなってるのか見て貰おうじゃないですか!





って事で、格闘士ギルドマスターのお爺さんと試合をすることになりました















b0296791_1123645.jpg



緊張しまくってましたが




まずはやっぱり




これだっ!















b0296791_1124250.jpg



わたしの正拳突きを拳で当ててかわすとは!

す、凄い動体視力・・・さすがだわっ



ならば、すかさずコレを!(この間わずか0.5秒!)











b0296791_1124829.jpg



殴ってくると思っているであろうお爺さんに

不意を突いた後ろ回し蹴りが炸裂っ!











b0296791_1125376.jpg



わたしが強くなったのか、お爺さんが弱いのかわかりませんが

とにかく一瞬で勝った~!わーいw




と喜んでると






ハモン 「ふむ・・・ねくは若いし強くなったのぅ、それに引き換え・・・

      ワシも歳をとったもんじゃ・・・最近は息子がピクリともせん・・・;;」






わたし 「ん?息子さん御病気なんですか?

      そりゃ親としては心配でしょうねぇ・・・で、どんな病気なんですか?」






ハモン 「う~む・・・病気と言えば病気・・・なのか・・・のぅ・・・

      ハッ!良い事を思いついたぞ?ねく!もう一度手合わせしてくれぃ!」






わたし 「はぃ?あの・・・今、一瞬で倒したじゃないですかぁ~

      年寄り虐めてるみたいで、なんかやだなぁ~・・・」






ハモン 「フッ・・・心配無用じゃ

      いいからかかってきなさい、ワシも本気を出してやるから!」









って言うので

本気のお爺さんを見てみたくなって、また試合をしたのだけど・・・














b0296791_1125872.jpg











b0296791_113483.jpg











b0296791_113106.jpg



今度はワンツーからの後ろ回し蹴りで決まった!!かと思ったのですが

本気のお爺さんには効いていないらしく・・・




ハモン 「効かんのぅ、一発が軽い!なるほど、おなごという事もある・・・か・・・

      ならばハンデじゃ!おぬしはワシの股間に攻撃しても良い事にしようかのぅ」





わたし 「えっ・・・い、いや・・・さすがにそれは・・・(こっちも嫌なので・・・)」





ハモン 「大丈夫じゃ!ワシをなめてもらっては困る!

      ねくの攻撃などナニで受けても痛くも痒くもないわ!さぁこいっ!」






う~ん・・・

そこまでいうなら・・・











b0296791_1131698.jpg



言われたとおり力いっぱいお爺さんの股間へ向けて・・・

わたしは拳を・・・放った!















b0296791_1132139.jpg



いい音と共に、ほぼ完璧と思える感触が拳に伝わって来た・・・



すると









b0296791_1132877.jpg




お爺さんは膝から崩れ落ちた・・・




って




わたし 「ほら見なさいよ・・・だから言ったじゃないですか・・・

      わたしにはどのくらいの痛さかさっぱりわかりませんが

      相当な苦しみって聞いた事ありますよ?マジで大丈夫なんですか?」





心配しながら、お爺さんの様子を見ていると











b0296791_113433.jpg



こんな事を言いながら、いきなり立ちあがり喜びだしたのです





な、なにこれ・・・どういう事?

痛すぎて頭がおかしくなっちゃったの?







ハモン 「ふっふっふ、ここからが本番じゃぞ!用意はいいか?」



わたし 「えっ!? まさか・・・またやるんですか!?」



ハモン 「当たり前じゃ!このまま終わったら意味がないわぃ!さぁ来い!」






えぇ・・・まだやるんだ・・・^^;

しかも計画って・・・










b0296791_1134958.jpg



まだ続けるというお爺さんが何を考えてるのか

こんな事をして何の意味があるのかを考えていたら急に・・・




ハモン 「ほぅ・・・来ないというなら仕方がない・・・こちらからゆくぞっ!」







えっ!?なっ!













b0296791_1135575.jpg






ったぁあ。・゚゚・p(≧□≦)q・゚゚・。ああっ!





ば・・・ばかじじぃー!

おっぱい殴られたらどれだけ痛いか知らないのかっ!><。(シラナイカモネ…




ど、どれくらい痛いかと言うとですね!


学校の耐寒マラソンとかで体操服が擦れて乳首から出血するくらい痛い!(ブラシロヨ…

ちなみに痛いからと絆創膏を貼ると何故かやらしい・・・///(ソノジョウホウイラナイ…



ん~・・・もっとわかりやすく言うとですよ?

教室の机の角に思いっきり恥骨をぶつけた時くらい痛いっ!(ワカルノカナ…

でも恥骨抑えてくの字になってると、おしっこ我慢してるみたいでヤダ;;(シランガナ…



むぅ~・・・さらにわかりやすく言うとなると・・・

家の中歩いててドアやタンスの角に足の小指だけぶつけるくらい痛いっ!(ワカル!



な、なんか痛みが違うような気もするけど・・・まぁいいわ!

おっぱいを攻撃してくるなどあってはいけない事よ!











b0296791_114053.jpg



もう・・・


もぉーーーーっ!










b0296791_1141370.jpg



わたしは怒りに任せ

お爺さんのナニを攻撃し続けました・・・(ぉぃ・・・











b0296791_1142089.jpg












b0296791_114278.jpg














b0296791_1143381.jpg














b0296791_1144037.jpg



そして何発目だったか・・・



後ろ回し蹴りを思いっきり下から蹴り上げた時でした・・・













b0296791_1144916.jpg















b0296791_114552.jpg




えっ・・・















b0296791_115271.jpg



な、なにかが潰れるような感触が踵に・・・


すると、お爺さんは白目をむいて














b0296791_115940.jpg




泡を吹きながら倒れてしまいました;;(ソリャソウダロ;;



あわわわわ・・・

お、お爺さんっ!大丈夫ですか><






あわてて駆け寄ろうとしたら













b0296791_1151665.jpg



また元気に起き上がるのでした・・・





でも・・・本当に大丈夫なのでしょうか?変な音がしました・・・感触も・・・

わたしがそう言うと、お爺さんは喜びながらこう言ったのです




ハモン 「わっはっはっは!計画通りじゃ心配するな。

      ねくよ、おぬしのお陰じゃ!ワシは力を取り戻したぞ!」





わたし 「はぃ?あの・・・お爺さん?何の事かさっぱりなのですが・・・^^;」





やっぱり痛すぎて頭がおかしくなったのでは・・・













b0296791_2092448.jpg




はぁ・・・・・・・・・・・で?












b0296791_2093151.jpg








ハモン 「ED息子に血液を!若い頃のチピーになるぞ計画!じゃ














b0296791_2094222.jpg










b0296791_2095167.jpg




チュチュト 「早く病院へ!早く!」


クソジジィ 「えーっ!?い、いやじゃ~このままでいいのじゃ~!」


チュチュト 「アホですかっ!無理やりにでも連れて行きますっ!」


クソジジィ 「ま、まて・・・わかった行くから。ねくには世話になったコレをやろう」



そういって









b0296791_2010923.jpg



わたしにスキルとアイパッチをくれたお爺さんは

病院に担ぎ込まれ、そのまま入院する事になったらしいです・・・(コワイネ!











b0296791_20101746.jpg



わたしはアイパッチに気を取られ

すっかりお爺さんの事を忘れ、またれべらげに戻るのでした (コラw














b0296791_20102982.jpg













b0296791_20103661.jpg




そんな

いたって平穏な日々を過ごしていたというお話^^ (ドコガw








じゃまた^^


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
by Neku_Neku | 2016-03-06 14:00 | Comments(7)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。


by ねく
プロフィールを見る
更新通知を受け取る