ねくの追憶行

3.3メインクエストを終えると

なにか新しいクエストが発生したので、なんだろう?と見に行ってみると
















b0296791_1474020.jpg



ん?追憶行?

過去の記憶をたどる・・・?

い・・・一番苦手と言うか、もうすっかり覚えてないのに?














b0296791_1474620.jpg



これ大丈夫なのかな・・・ほとんど覚えてないと思うんだけど・・・

全然たのしくないんじゃないのかなぁ~?なんて思いながら

それでも受けてしまったからにはやるしかないか・・・





そう思って進めてみる事にしました。

















b0296791_147526.jpg



へんな格好の人に呼び止められましたが















b0296791_1475847.jpg



さっぱり誰だか覚えていませんでした^^;

きっとこんな感じばっかりだろうなぁ・・・・大丈夫かなこのクエ・・・

と思いながら次の指示通り進むと















b0296791_14833.jpg



提督に冒険の旅の話を聞かせろと言われましたが

わたしもこのクエで忙しいんで断わりました。(ぉぃw

かわりに、どうしても冒険の話が知りたければ

「ねくのFF14冒険記?」をみてね~!とURLを教えておきました^^




で、また指示通りに進むと

















b0296791_148969.jpg



ヒギリさんからラウバーンへお使いを頼まれ・・・

なんでお使いなんかさせられてんの?と思ってると

















b0296791_1481669.jpg



は?


わたしはあなたのメイドでも部下でもなくヒカセンですよ?

なんでお使いしなきゃなんないのよ!

わたしに二度とお使いなんか頼まないで!!
















b0296791_1482231.jpg



当たり前でしょ!

あんたはわたしより弱いんだからね! (まったくうんざりだ・・・―後編―)
















b0296791_1482794.jpg














b0296791_1483246.jpg



と、ラウバーンを謝らせて

次へ向かうと















b0296791_1483878.jpg



すっごく馴れ馴れしい人が居て

こんなに親しそうに喋って来るんだけど

わたしは全く覚えてませんでした・・・(ぉぃw




一体誰なんだろうと思いながら次へ行くと















b0296791_1484485.jpg



確かキャンプした場所で、ここでモグタンがいたらしい・・・

シチューも食べた記憶が無いけど・・・ (恋・・・しちゃったのかな)














b0296791_1484982.jpg




そして指示通りウルダハへ向かったら


















b0296791_1485520.jpg




ナ、ナナモ様!?



こんなところで何をってこっちのセリフですよ!

一体何をしてらっしゃるのですか?















b0296791_149199.jpg




あ・・・あぁ・・・これ・・・ね^^;  (これは・・・愛なの?(R18)



陛下も大変だなぁ・・・って思いながら次へ・・・


















b0296791_1491273.jpg



この人誰だっけなぁ・・・貸しなんかあったっけ~?

まぁ本人が言うんだからあるんでしょうね

頑張って下さいね・・・働きぶりなんか見ないだろうけど・・・(ぉw




そして次へ
















b0296791_1491867.jpg



マナカッターってなんだっけ・・・?

あ、ああ!マウントの飛行機だね!?

それなら














b0296791_1492624.jpg



あの飛行機、あんまり好きじゃないので・・・ごめんね?w



と謝りながら次へ
















b0296791_15151374.jpg



竜の眼はもう無いはずなのに

何故か憎悪に満ちあふれた感じのリュウノスがそこにはあった。

















b0296791_1495083.jpg



衝撃的な話ってなんだったんだろう・・・

エステにゃんが竜の眼を変な事に使ったって話? (竜の眼 (R18)

それとも眼を返しに行ったのに要らないと言った事? (な ま め)

まぁ一番衝撃的だったのはイゼルさんの顔だったけど・・・ (結ばれない運命?)




そして全然思い出せないまま次へ

















b0296791_1410029.jpg



いや、別におセンチな旅をしたいわけじゃ無くて

クエストがそうなってるんですよ・・・




っていうか~、わたしの事なんかよりさぁ~?

















b0296791_1410784.jpg



はたらかざるものくうべからずです!

と、ニート共に言ってやって次へ向かうと












b0296791_14101617.jpg



何故かまたお使いをさせられるのだけど

向かったのがあの頑固なマトーヤ婆さんの所・・・
















b0296791_14102372.jpg




全然関係のないわたしが間に立ってこんなにお願いしてるのに














b0296791_14102969.jpg



頑固なお婆さんは全く言う事を聞いちゃくれません・・・;;
















b0296791_14103629.jpg





わたしは逃げるように次の場所へ向かうのでした!


だからお使いとか嫌なんですよねぇ・・・




そして目的地に着くと急に
















b0296791_14104343.jpg




何も見つけてないのに「何かを見つけた」と言われても困ってしまうのだけど・・・

MAPを見ると近くに何かあるみたいなので行ってみたら














b0296791_14105157.jpg



ゴミが捨ててあったので仕方なく拾っておきました^^

わたし偉いな~と思っていると













b0296791_1410595.jpg



見えたのか見えてないのかはっきりして?w

気がした・・・ってなによ・・・














b0296791_1411694.jpg



すっかり秋になっちゃったというか、むしろ寒いくらいになったね~

もう少しでダイヤモンドダストが見える冬になるんだろうな~



なんて思いながら次へ行ってみると・・・
















b0296791_14111371.jpg




この龍さんはバハムーチョの奥さんだっけ?

すっかり名前も忘れちゃったけど、逃げようと思えば逃げれるはずなのに

自分から逃げないんだったっけ・・・縛られるの好きなんだね~w





なんて思いながら次へ行くと





やっぱり最後の指定場所は・・・






ここだった・・・。















b0296791_14112341.jpg




ん・・・まぁそうだろうね・・・と思いながらお墓へ向かうと

知らない人がお墓参りしていました。













b0296791_14113041.jpg



どこかで見たような、見てないような・・・記憶には無い人でしたが

指定場所がここだから来たんであって来たくて来たわけじゃ・・・



でも・・・


やっぱり来たかった気がする・・・

















b0296791_14114282.jpg




天国で元気にしてるのかな~?

一瞬だけ幽霊を見た気がしたけど、多分元気だよね・・・・



あっ














b0296791_1411513.jpg




これぞリサイクルだよね~?(チガウw














b0296791_1412032.jpg




わたしはあの日以来

オルシュファンの骨盤マッサージの虜に・・・/// (オルシュファンのバカ!(R18)








こうして

わたしのクエスト追憶行はオルシュファンのお墓で終わったのでした。




















b0296791_1412937.jpg


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Commented by えくるん at 2016-10-13 20:14 x
「わたしはヒカセンですよ?」「二度とお使いなんか頼まないで!!」
→残念ながらヒカセンとは、どんなお願いも断らず 何でも言うことを聞いてくれる人です
暁や国のトップのみならず、おそらく街の人達もそういう認識でしょう
今後もエオルゼアでは、街の便利屋さんとして生きていくのです(´;ω;`)オツカイ バンザイ

リュウノスは、フライングマウントに乗って 遠くから見ると実は竜の形をしてるらしい!Σ(゚Д゚)

「ダイアモンドダストの輝きが見えた気がした…」「見えたのか見えてないのかはっきりして?」
→これは 全滅後「今のは頭割りです!」とハッキリ指摘すると「ギスギスやめて下さい!」
と言われてしまうので、「今のは頭割りのようなそうでないような 試してみると良いかもしれない」
とアヤフヤに指摘することで 責任の所在をウヤムヤにする手法に通じてる気がします(´Д⊂

過去の出来事をずっと覚えておくのは 難しいかも知れませんが、
ねくさんはこれまでの冒険を SSと文章にして残していますからね~('∇')オボエテ ナクテ OK

メルウィブ提督に言ったように、このブログを見直せば良いのです(*´ω`*)
今回は過去記事へのリンクも沢山あるし、全部見直そうと思ったら相当なボリュームΣ(゚Д゚)

新生サービス開始から約3年、コツコツと今でもFF14の冒険日記を書き続けている人って
かなり少ないのでは~?と思ってます 記事数は200~300くらいかな?('~')
数年後、ねくさんはリアル フォルタソ伯爵として語り継がれるかも知れません(ノ∀`)
Commented by Neku_Neku at 2016-10-14 16:33
えくるん
街の人達すらそういう認識・・・そ、そうですね;;
これからも便利屋さんなのは変わらないんだろうね~・・・
リュウノスが竜の形してるのは知らなかった!今度見てみよう^^
ギスギスしないようにアヤフヤにしてウヤムヤって考えたらメチャメチャですよねw
わたしがFF14とこのブログを始めてもう3年以上経つって信じられない~
相当な記事数だろうな~って見てみたら407もあったよwww
ボリュームありすぎ! リアルフォルタソwwwwwww
Commented by rurikiri at 2016-10-15 01:34
そのクエスト長そうで手をつけてなかったけど、これを見てクエストクリアしたことにしますww
あなたは誰?っていう人多いですよね~時が達、色んな人を忘れていくとしてもオルシュファンだけは忘れたくないですね
Commented by Neku_Neku at 2016-10-15 14:56
るりさん
うん・・・これなかなかの長さっていうか、お使いがあるからね・・・
わたしも手を付けるかどうか悩んだけど、エモートを貰えるのでやりましたw
このクエまだやってない人結構いるようで、ネタバレになってごめんね^^;
オルシュファンを忘れない為にエモートだけは取っといてね~!w
Commented by rurikiri at 2016-10-15 17:47
この時期になってまだやってない方が悪いのですよw
エモート取れるんだ!!知らなかった……
パッチノート読み飛ばしたからだ><
Commented by レジーナ at 2016-10-16 10:28 x
ねくさんよりも私の方が最近この
人達に会ってるのにもーうろ覚えw

お使いとは全ての事象の根源で
あるのでお使い無くして先は無し!
とでもいっておこう
言い方変えるとただのパシリ…
( ;∀;)

ネタバレ??
そんなの気にしてたら書くもの
書けませんでしょう(・∀・)
私は全く気にしないタイプなので
これからもこの冒険記?が続く限り
見続けますよ( ´ ▽ ` )
場末ブログの覇者としてねw

さて
『貴様』き-さま
中世末から近世中期までは文字通り
尊敬の意を含んで用いられたが、
それ以降はしだいに尊敬の意は
薄れ、近世後期には現代とほぼ
同様に用いられるようになった。
現代-罵る為に用いることが多い

貴方、貴女とすればイイのにw
ラウバーンの場合親しみの意味合い
で使ってますね(`・∀・´)タブン
Commented by はー at 2016-10-17 01:27 x
おひさしー(´▽`*)
しっかりやっているようでなによりですねw
休止してだいぶたったけどブログ見てたら俺も
この回のヤツまではしっかりやってたw
リアル引っ越しも終わって落ち着いてきたから
やれるときあったらやりたいなーと思う!!
Commented by Neku_Neku at 2016-10-17 10:59
>るりさん
確かこのクエで「イイ」エモートが取れたはず・・・はず(ーー;

>レジーナさん
このゲームのNPCってあまり印象に残りませんよねw
お使いする事に気が行ってキャラみてないからかなぁ?
レジーナさんだと思いっきりネタバレになってるのに
ずっと見てくれてるもんね~('-'*)アリガト♪
きさまに関しては前にも触れていて現代にそぐわないから
いいかげんやめてほしいな~と思うんだよね~w

>はーちゃん
おひさしぶり~!
しっかりはやってないけど、まぁやってるよw
お引越しやらゴニョゴニョが落ち着いたら
またINしてくださいね~^^
by Neku_Neku | 2016-10-13 17:00 | Comments(8)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。


by ねく
プロフィールを見る