語り継がれない物語 (後編)

b0296791_1337051.jpg





竜騎士に着替えたわたしは

邪竜ニーズヘッグとの最後の決戦に挑むのだった。


















b0296791_1337621.jpg




ああ、メイド服の奴ね?

って、なんで着替えたかわかんないの?え~?ホントに~?














b0296791_13371120.jpg





しょうがにゃいなぁ~・・・

説明してあげるからよく聞くのよ?















b0296791_13371645.jpg




わかった?

あなたは邪なんだからね?w

おとなしくわたしに狩られてればいいのよ?















b0296791_13372271.jpg




ふ~む・・・



なら・・・







スッ
















b0296791_13373046.jpg







邪竜 「い、1分だとぉぉぉ!」















b0296791_13374059.jpg




わたしの1分で勝利宣言に怒り狂ったニーズヘッグは

いきなり戦闘を開始した!(ソリャソウダ



わたしは前回最後の方からの怒りを2日間持ち越しているので

【捨て身】を使い、一気にたたみかける!!
















b0296791_13374588.jpg




ヒカセンなめると

どうなるかっていうとねー


















b0296791_13375120.jpg




ち、ちょっとしたミスじゃん・・・

【捨て身】使う所を間違えただけじゃん?^^ (ダメジャン?















b0296791_13375733.jpg




こうして何度かの全滅がありましたが (ぇw

ヒカセンは勝つまで何度でも出来るという特技があるので

嫌というほどやっていると何度目かのリトライで

ニーズヘッグのHPは残りわずかまできた!




今だっ!



















b0296791_1338228.jpg






他のヒカセン達 「15って今までの蛮神全部だろっ!」





ウフッ❤

そんな褒められても今はLB中なので反応出来ません^^

さぁ喰らうがいい!蒼天のドラゴンダイブをーッ!

















b0296791_1338736.jpg




ニーズヘッグが大きすぎて

こちらのLBドラゴンが凄く小さく見えるけど

力の強さは身体の大きさでは無いのよっ!


















b0296791_13381298.jpg




わたしの決め台詞と立ち姿がかっこよく決まり

すでに瀕死だった所へLB3を撃たれたニーズヘッグは (オーバーキル^^















b0296791_13381835.jpg




泣きながら倒れるのでした!




やった・・・やっと倒せた!

1分では無理だったけど・・・(アホカ





すると画面は暗転

戦闘に勝った事がわかり安堵しながら

画面が明るくなると・・・






















b0296791_13382380.jpg




なぜかちんでました・・・;;(うぉぃw













b0296791_13383388.jpg




わたしがちんでようが、さっさと出て行く人達・・・(カナシイナー;;




そして

わたしが蘇生をもらって生き返っている頃


















b0296791_13383829.jpg





倒れたニーズヘッグは取りこんだエステにゃんの姿に戻っていました。















b0296791_13384417.jpg



LBのタイミングを

LB撃った事も無いであろうエステにゃんに怒られていましたが

まだ身体に張り付いたままのニーズヘッグの眼が
















b0296791_13385173.jpg





涙なのか違う汁なのかわからない物を垂らしながら

まだわたしを殺そうと執念を見せている時でした!




















b0296791_13385874.jpg




竜の眼を見つけたアルフィノが、嬉々として眼を取ろうとしました







なかなか取れないので、なにかを焦ったアルフィノは・・・









カチャカチャッ ←ベルトをはずす音










ズリッ! ←ズボンとパンツを同時に降ろす音












エッ!? Σ( ̄□ ̄lll)





わたしエステニーズヘッグ ・・・






ま、待ちなさい!

こ・・・こんな所でそんなモノだして・・・あなたまさかっ!?

眼が取れないからって・・・そのままそこでしようって言うの!?

馬鹿なマネはやめなさい!やめるのよアルフィノ!
















b0296791_1339393.jpg




あぁー!入れちゃっ・・・><。



心なしかR指定になってきたので背景までピンク色に!(チガウソウジャナイ!




なにしてんのバカ!今まで我慢してきたからって

こんな場面でよくもそんな事を!しかもみんな見てるのに!















b0296791_13391021.jpg




あ、あの・・・

わたし達の声も聞こえない程にイイの?そんなに?



り・・・竜の眼なんかに・・・わたしなら負けないわよ?!(ナニガ



















b0296791_13391554.jpg





エ・・・





工工エエエエェェェェェヽ(゚Д゚;)ノ゙ェェェェエエエエ工工





は、早ない・・・?(´゚ω゚` )





わたしがアルフィノに、そんな事を思っている一方で

アイメリク様とルキアったら・・・





















b0296791_13392174.jpg




な・・・

なにやってんだか・・・あの二人は・・・^^;

はぁ・・・ヤレヤレだなぁ・・・と思いつつアルフィノに視線を戻すと

















b0296791_13392829.jpg




アルフィノのナニカをじ~っと見つめる何者かが!!

























b0296791_13393492.jpg






うげッ!その顔は!!

ば、化け物!じゃなくて・・・イ、イゼル・・・なの?


















b0296791_13394311.jpg







 




う、うそよ・・・



うそ・・・でしょう?



なんで・・・


















b0296791_13394924.jpg





あの・・・聞きづらいんだけど・・・その・・・














b0296791_13395581.jpg
















b0296791_1340574.jpg





その後

あまりのビックリに少しの間固まってましたが

オルシュファンとイゼルはニーズヘッグの魂をあの世へ導いていきました・・・。















b0296791_13401388.jpg




でも・・・・邪竜ニーズヘッグは

おそらく自らの意思で、あの世へ行ったと思います・・・^^;;;







こうして

竜族との長い長い戦いは終わりを告げ

わたしはフォルタソ家に向かい事の顛末を報告しました。















b0296791_13402944.jpg
















b0296791_1340377.jpg




これでわたしの仕事
 

『蒼天のイシュガルド』 は全て終わりました~!(タブンw











ではまたね~^^













































b0296791_13404382.jpg







フォルタソ 「う・・・」















b0296791_13404961.jpg











フォルタソ 「ぐぐ・・・・・・・」


















b0296791_13405949.jpg












ビリッ!









クシャクシャクシャッ


















・⌒ ヾ(*´ー`) ポイ















        ――かくして最後の咆哮は雲の波間に消え

              融和の竜詩が新たに紡がれることとなったのである。――




      フォルタソ伯爵の回顧録 『蒼天のイシュガルド』
 
             
                 終章 「最後の咆哮」   







     










b0296791_13411542.jpg











               ―語り継がれない物語―    おわり


Copyright (C) 2010 - 2016 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.
Commented by まりえれん at 2016-09-24 18:16 x
なんということでしょうっ……
これは史実に書けないですね…><

ねくさんの想像力には脱帽ですだ…(*'▽')
…あと加工力とパンツの食い込み具合にも(*ノωノ)
Commented by えくるん at 2016-09-24 21:18 x
ニーズヘッグさんは、近くで見ると かなり迫力ありますね~((((;゚Д゚)))) コワイ

ねくさん的に、3.0から続いた竜詩戦争のお話って 振り返ってどうでしたか?
私は、最初の盛り上がりに比べると 最後はあっさり終わったな…という印象でした
2.0のウルダハ関連のお話も、同じように思ったんですけど(ノ∀`)

本来は 感動的なシーンなのかも知れないですけど、
エッ!Σ(゚Д゚) 竜の眼って 手で引っ張って取れるものなの…?
どう見ても鎧の一部になってて、眼の周りもぐちゃぐちゃ 変色変形してるし…

ト… トレタ!Σ(゚∀゚ノ)ノ 取れたら、ニーズヘッグさん昇天( ゚д゚)センネンノ ウラミガ…
で、前に言ったように 竜の眼をポイ捨て~((((;゚Д゚))))
何故そうなるの~?と思ってるうちに、よく分からないまま終わってしまいました(´Д⊂

最後にお化けとして出てきた お2人も、プレイヤーからの人気が高かっただけに
それぞれの場面で ホントにちぬ必要があったのかな~って 今でも思ってます(´・ω・`)

2人共 唐突過ぎるというか、前後のシーンとの繋がりや そうなる必然が感じられないまま
突然居なくなってしまうので、なんでそうなるの~?って 当時思ったんですよね…(TдT)
Commented by Neku_Neku at 2016-09-25 16:03
>まりーさん
こんな事があったなんて、とてもじゃないけど書けませんよね!w
何故かわたしのFF14のストーリーにはあったんだな~コレガw
勝手に書いてきたストーリーを無理矢理繋げて
なかなかの出来になったのではないかと自画自賛^^(コラw
加工に関してはSSを少しいじってるだけなので
最近は適当になりつつありますけどね^^;

>えくるん
竜詩戦争のお話的には
こういう落とし所しかなかったんだろうな~と思う・・・
結局、ヒトのせいでこうなってるって話なので
考えさせられる分、盛り上がりに欠けるのは仕方ないのかな?w
竜の眼を取って雲海に投げ捨てる件は
それは・・・無いよね~・・・だったねw
お化けの二人はちぬ必要があったかどうか意見が分かれるけど
ここで出してこなくても良かったとは思いましたねぇ
後付け感ハンパナイので違和感しかないというかなんというか・・・
でも、ニーズヘッグと対峙して戦うとなった時はドキドキしたし
「マジやっつけてやるっ!」って思ったから
あのムービーからの展開は良かったと思うんだよね~
勝ったあと眼を投げ捨てて「えっ!?」ってなっちゃったので
すっかりおかしくなっちゃったけどね!w
Commented by Rashper at 2016-09-25 18:50 x
後編はいつもの流れで安心したっ!
(本来のストーリーはシリアスなんだけど!w)

前後編一気に読むと、シリアスからのオチがあって、すっごい読み応えが!!!!

オルシュちゃんが出てきたときは、本当に涙でました><ノ
Commented by レジーナ at 2016-09-25 23:08 x
真実とは常に隠蔽されるものです
www

ニーズヘッグ眼球はほら…
アクセのブレスレット感覚で…
携帯用ストラップみたいな;^_^A

アルフィノ様の情事とアイメリ様
御発情はノーコメwww
イイ騎士とシヴァバァ〜はおばけ
じゃ無くて思念体若しくはエーテル体て事で

眼球フリースローは何か魔導的な
封印とか滅却にして欲しかった
ですね…
ポイ捨てはあかん、環境破壊やwww
Commented by Neku_Neku at 2016-09-26 14:33
>Rashperさん
はい、いつものR指定(してないけどw)でした^^
1つの日記にするにはあまりにも長くなるので
2つに分けたけど、それでも長くなりましたね^^;
オルシュファンをここで出すのかっ!ってなりました・・・
どうせ出すならなんかもっと絡んでほしかったけど
あっという間に消えちゃうし・・・ね・゚・(ノД`;)・゚・

>レジーナさん
エオルゼアには真実など無いのかも!w
ニーズヘッグの目がアクセサリーとか
携帯オ〇ホじゃないんだから!(ソンナコトハイッテナイ・・・
お化けと化け物がかかってるシババァの顔を
加工してる時が最高に楽しい^^(ヤメタゲテw
エーテル体か~なんかそう言えば聞こえは悪くないけど
意思を持ったエーテル体も思念も怨念も・・・お化けだよね~?w
ポイ捨てアカン、絶対!w
by Neku_Neku | 2016-09-24 17:00 | Comments(6)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。


by ねく
プロフィールを見る
通知を受け取る